「糸巻き」に汚染された人間が浄化されていく様


by SONZUKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

CD大人買い

久しぶりに渋谷をぶらつくことになり、かつては月1で出入りしていたTower Recordに超久しぶりに行く。ここ1年間は殆どCDを買わず、音楽からトンと離れた生活をしていた反動が出たのか、衝動買いをしてしまった。

Rufus「Party 'til You're Broke」
Chaka Khan脱退後のRufusのアルバム。Chakaが抜けたとはいえ、John "JR" Robinson先生、Bobby Watson、David Wolinskiなどいつものメンバーなので思わず購入。心地よいFusionテイストあふれるFunkといったところ。1曲目でいきなりすさまじいLouis Johnsonバリのスラップが始まったので、「Bobby、キャラ変えたのか??」と驚いたが、この曲はLouisだとのこと。

Deniece Williams「This Is Niecy」
Morris Whiteプロデュースということで、試聴したらなかなかタイプの音、しかも1000円ということで衝動買い。Amazonでは784円で売られており、かなり後悔。大いにショック。

The Brothers Johnson「Out of Control」
先日Amazonで購入した、Jeff Porcaroファン待望の再発「Winners」に引き続いて購入。Jeffが参加しているとのことだが、ちょっとドギツイ打ち込みダンスチューンが盛りだくさんということで、しばらく塩漬けとなりそう。

David Sanborn「Live at Montreux 1984」(DVD)
DrummerがMy FavoriteのBuddy Williamsだったので一応購入。まずハズレということがない安心の一枚。

山下達郎「TATSURO FROM NIAGARA」
これも一応ゲッツ。結構好きな曲が入っていたので。

あとかなり逡巡したのが、Jorge Daltoの再発三部作。かのGeorge Benson先生のバックを務めたことで(それしかないか?)有名なKeyboardistであるが、この三部作のバックが凄い。試聴するとこれもグゥだったのだが、さすがにこれ三枚ゲッツすると2万近くの出費となるので、衝動を何とか抑える。廃盤にならないうちに入手しておいた方がよいかもしれない。

最近はインターネットの発達でリアルなレコード屋や本屋を使う機会が殆どない。買い物は殆どVirtual店舗ばかりである。またCDといった高関与・高判断力な商品においてはなおさらネットが便利である。品揃えは豊富だし試聴は出来るしブログのコメント等も参考に出来る。しかし、リアル店舗はやはり買い回りを促進するものである。ネットがリアル店舗を質的に凌駕するのはまだまだ先のようだ。コアな音楽ファンとしてリアル店舗の生き残りを心から願うばかりである。
[PR]
by SONZUKA | 2009-03-25 14:51 | 音楽