「糸巻き」に汚染された人間が浄化されていく様


by SONZUKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

チェックしなきゃ…恥かくよ…

最近、CMやドラマの主題歌にずいぶん懐かしい洋楽が使われている。
QueenやBilly Joelなどがテレビで頻繁に流れる。私が今から15年以上前にFMのエアチェック(今は死後ですね…FM Fan(まだあるのかな?)などを毎号購入してカセットに録音し聴いていたものです…)をして良く聴いていたものです。恐らく青春時代にリアルタイムでこれらの曲を聴いていた人たちが今CMやドラマの製作者の責任者クラスになっているのでしょう。今の洋楽(殆ど聴きませんが)が流れることが殆どないのも大変異様ですがね。

先ほど、二日酔いに耐えつつ新聞を読みながらサンデープロジェクトを見ていたら、某都市銀行のCMで、かつて私が大好きで聴きまくっていたBilly Joelの「Honesty」
52nd Street(このアルバム目茶目茶レベルが高い。素晴らしい楽曲・演奏。後世まで大切に残される秀作である。我々日本人はこの芸術をAmazonで1,184円で購入できるのである。幸せに乾杯!))がBGMで流れていた。それに合わせて口ずさむ(…というか元Keyで声を張り上げて唄っていた…)のだが、「???」と。「mmm」と。

大銀行様はこう唄っている(私も合わせてこう唄ったのだが)。
b0045164_1234015.jpg
Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you
どういう意図があるのだろう。広告代理店のJokeとは思えないし、大銀行様の自虐ネタでもないだろう。恐らくタイトルの「Honesty」という言葉と切ないメロディーだけで「行っとけ!!」とGoサインを出したのだろう。大銀行様から見てこの歌詞の「You」に当たるのが我々視聴者であり顧客であろう。

大銀行様は我々に訴える。
「誠実なんてのはどっか行っちゃったよね。みんなホント嘘つきだし、空しい言葉だよね。だからあんたくらいは誠実に居てくれよな」
…余計なお世話である。少なくとも税金を大量に投入されなければ生き長らえることすら出来ない大銀行様からは言われたくはない。私は滞りなくまた1円の漏れもなく税金・年金を納めている。税金の対価として得られるサービスと比較すると圧倒的に沢山支払っているのである。

選曲があまりにも安易。耳障りの良いメロディーだけで選んでしまうのだろう。我々日本人には歌詞の内容まで簡単には理解できないが、製作者(Billy)は強烈なメッセージ・思いを持って曲を書いたはずである。リスナーにレコードを通じて訴えかけているのである。みなさん、このままで良いのか、と。少なくとも広告代理店や大銀行様の広報の方々は超エリートなんだから、それくらいのチェック・気配りはしてほしいものですね。チェックが甘いから税金で助けてもらわなければやっていけない今の惨状に陥ったんじゃないのか?なんとお間抜けな。
あるいは、他に深い意味があるのか?そんな間抜けをするわけがないよな…誰か教えてください、真実を!
[PR]
by SONZUKA | 2004-12-19 12:34 | 音楽