「糸巻き」に汚染された人間が浄化されていく様


by SONZUKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ビールを飲みながらFender Jazz Bassを抱えCDを聴いています。すでに500mL×3Vイッてますので相当キテます。あしからず!!

過去に見つけた「遺産」を聴きながらアマゾンやHMVのWebサイトで面白そうなCDを探しています(「遺産」とは昔に買ったものの当時の趣味に合わず聴かずに放置された音楽達を指します)。今はポニーキャニオンから発売された元・Seawindのボーカリスト・Pauline Wilsonのベスト盤「Only You」を聴いております。

物余りの現代で「買っとかなきゃ」的な物ってほとんど無いと思うのですが、CDだけは実は違います。

我が日本は一部では大変悪名高い「再販制度」があるため、発売してペイするかしないかが微妙な過去の名盤達がCDとして世界中のどこの国よりも早く(またアメリカなんかでは発売されないような)かつマニアック(といっても普通の音楽リスナーにとっては当たり前に欲しいレコードなのですが)な物がCD化されます。日本人に生まれて良かったですよね、音楽ジャンキーの皆様!日本が過去のFusionやFunkの名盤の再発天国なのです。日本のコアな音楽ファンの耳は海外でも高く評価されているようです。

でも、再販制度があるといっても売れ行きが悪くレコード店からの返品率が高い物はやっぱり再び入手できなくなってしまうのです。先日も会社で(働けよ!)アマゾっていましたら、ななんと、私が大学三年生の時にドラムマガジンかなにかで読んで是非欲しいと思った吉田美奈子の旧盤(渡嘉敷-岡沢-土方系の)が軒並み再発されており、思わずゲッツ(!)してしまった次第です。

今聴いているPauline Wilsonのベスト盤、今アマゾって見ましたら既に廃盤となっておりました(まぁ、彼女が好きな一部の人以外は欲しいと思わない物であろうから良いのかも知れませんがね)。Ricky Lawsonの後ろ気味のグルーブが素敵なアルバムなのに!

何故こんなことを書いたかと言いますと、単に酔っぱらっているから、なのですが、、「買っとかなきゃ」と思わせる物は今やCDくらいしかないのかな、とふと思ったからです。ベースを弾きながら「Louis Johnsonの演奏がタップリ聴きたい!」とググっても殆どのCDが廃盤で入手できない状態だったからです。

再販制度は、閉鎖的な日本の市場の代名詞的に語られることが多く、とかく規制緩和の流れの中で問題にされがちです。でも、自由な市場の理想像として日本で語られることの多い、かのアメリカ(音楽の本場!現在日本で演奏されている殆ど全ての音楽がアメリカ経由であると言っても良いでしょう)には再販制度はありません。でもその現実は人口を2倍以上持ち、かつ現代音楽の本場であるのに関わらず発売されているタイトル数は1/3にしかなりません。経済的な競争・効率を考えたらあるべきなのかも知れませんがね。不要な在庫は悪以外の何物でもないですから。しかし、音楽を「文化」の一部として考えたとき(文化として語るのに恥ずべき状況なのかも知れませんが)どちらの状況が文化的なのでしょうか。CDや本は「在庫=悪」なのでしょうか。

別に「あるCD」を入手しないからといって経済的に損したり、生命を絶たれたりする人はいないでしょう。でも「あるCD」に出会うことで人生が変えられてしまう人、そこまで行かなくても高級な意味での「オルガスムス」に達せられる人が確実にいると思います。音楽を聴く目的って、好きなAVを見るのと同じ!射精したいからなんです!!!ギターのオブリでイク?ドラマーのタムでイク?サックスの囁きでイク?ご自由に!!

レコード・CD・本などもこと経済・流通の観点で語られるときは、一般の消費資材と同等の視点で見られることが多いように思い、そのような記事を読んだとき私は常にカリカリします。でも、一般の消費資材とこれらの違う点は「ある一部の人間達にとっては著しく代替不能」であることです。今日も「日銀の量的緩和解除」の話題が新聞を賑わせましたが、その第一目的は「人生を豊かにすること」であるはずです。人間の幸せって十人十色であるが故に、それぞれの幸せとマスの効率とは真逆なんだなーと思った次第でありました。

ですので、多少の出庫数の少ない「悪」の商品に掛かるコストを負担しても私としては一向に構わないなぁと思うのです。逆に、一過性ですぐに忘れ去られ後世に残らないポリカーボネート板を残すコストを払っても良いと思うのです。単なるポリカ板と思うか否かは個々の主観ですからね。後世類い希なる名盤、時代を変えた音楽の分岐点、と語られるかも知れませんから。

酔っぱらったついでに止まらないシャックリを我慢しながら愚見を書いてみました。良い週末を!
[PR]
by SONZUKA | 2006-03-11 02:00 | 音楽と日々雑感