「糸巻き」に汚染された人間が浄化されていく様


by SONZUKA
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ブログの効用

朝にBeatles「Abbey Road」を聴く。久々に聴いた。現代音楽とクラシック音楽(ビートルズがどちらに属するかは置いといて)の違いを友人と論議した際、私は「アドリブ」「インプロビゼーション」を挙げたのだが、どうやら違うのか?あるいは、ビートルズはクラシックなのか?また後日考えてみることにする。
b0045164_0285360.jpg

今日は書くネタに事欠かない日であった。上司と少しやりあったのである。私はロジカルに主張し、彼の意見を聞こうとしたのだが、一言で言うと彼からは何も出なかった。一言で言うと「みんな仲良く」的なことを繰り返していたような気がする。「公」と「私」の意味やマネジメントに関わる重いテーマなので、今日はそれをまとめる元気が無い。だから、ブログを付けてみて気づいた効用を軽く書いてみることにする。

始めた当初は(といっても1週間も経過していないのだが)、日記の代わりに、起こった事象や感じたこと知ったことをツラツラと書き付けることにより、過去の考えをさかのぼれるので成長や停滞が見て取れるだろうと思っていた。要するに自分しか読めないことを前提としていた。だから、極端に言うと自分のみが分かる「単なる記号」的なものを羅列するだけでも良かったのである。
ただ、greeなるサービスにリンクさせて(ごく少数ではあるが)人の目に触れることを前提としたので、その新たな効用に気がついた。文章力が身に付くのでは?ということである。この文章力とは、「単に綺麗な表現を覚える」とか「体裁の整った文を書く術」も勿論含まれる。が、これは、私の個人的な体験も性格も知らないバックボーンを共有していない全くの他人が目を通したときに理解されるようにと意識することで習得できる、コミュニケーションの基礎という意味が最も大きい。今の職業においては「戦略的なコミュニケーションスキル」が全く必要とされず、5年以上経った今、その能力を持たないことに気づいた。ある事象を知識や経験の共有しない第三者に「口頭で短時間に」伝達する術は本来全てのビジネスーパーソン必須のものであるに関わらずである。
本来的な意味での戦略的コミュニケーションを得るには心理学などもカジる必要があり、とてもそこまでは及ばないのだが、第三者に事象を伝える訓練はその基礎になると考えられ、そういう意味で有用だと感じているのだ。このことは私が今日書きたかった「重い」テーマにも含まれる。「察する」コミュニケーションではなく、「理解させる」「省察的な」コミュニケーションが「公」の場(含ビジネス)に必要だと痛感したのである。

ただそれだけを言うのにここまでダラダラ書かないと伝えられない。ほーら、コミュニケーションスキルは必要でしょ?
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-22 00:17 | 音楽と日々雑感

まろやか酵母

私はビール党である。
飲みに行ってもずうっとビールで通せるほどの。
おかげさまで尿酸値は高い。8近い。ジムに行き雑念を払うためTOEICのMDを聞きながら筋トレ&10km走るのにである。
家には、キリンラガービールをビンで1ケース酒屋に配達してもらい、楽しんでいる。缶では駄目なのだ。金属臭さがありビールが美味くないので。

コンビニにも売っているのだが、キリンの「まろやか酵母」。これは美味い。恐らく家で飲めるビールの中では最高峰ではなかろうか。高いので最初の1本に味わうのみだが、料理と味わうのではなく、これだけで味わいたいほど深みがあり香りがあり美味しい。
酵母が生きているかどうかは知らないが、美味しいなーだいすき。今も飲みながら書いています。

っと、ビールの話を書きながら思い出した。
渋谷のとあるベルギービールバーにU氏と行った。私が誘ったのだが、行ってみてびっくり。激高なのである。私はピッチが異常に早くスイスイスイスイ飲んでしまうのだが、バケツのようなヒューガルデンを最初に飲んで、「さて、何か目新しい物飲みますか!」とばかりに店の冷蔵庫をのぞくと、333mlしか入っていないのに1000円以上するブルジョアジーな飲み物ばかり。文化大革命時なら全員が間違いなく抹殺されるほどのブルジョア。飲めません、そんなもの。1本だけ適当に選び(選択要素は価格)、適当に出てきちゃいました。システムも本場を意識したのかイケ好かないもので、いちいち下に行って現金と引き換えに料理やビールを受け取るというもの。料理もフィッシュ&チップスやポトス的なものばかり。不味い。私の舌は鋭敏でかつ薄味繊細なものを好むので、全て「残念っーーー!!!」大体いちいち現金引換えって、「食い逃げを前提としているシステムを日本に持ち込むのが「オサレ」的な」ズレタ美意識もむかつくし、私はJALカードでシコシコマイルをためているのだ。もう二度と行かない。

ビールが美味いか不味いかも覚えていないほど印象が悪い。その後、魚民的な居酒屋で飲んだキリンの生ビールが美味かったこと!!やっぱ、キリンだね!!キリン大好き。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-20 21:32 | 日々雑感

面接

とある、ベンチャーの採用一次面接に行ってきた。
29歳の若い営業マンとの面接。
「何を聞けばいいんだろう」感が拭えないものだった。
一次で現場担当に見させてソートを掛け、二次以降で人事が出てくるのだろうか。
何を見ているのかさっぱり分からない。
わが社でも一次面接は若手現場がソートを掛けるのだが、
「好き嫌い」で合否を判断することを否めないと思う。何故なら、面接のプロ(コミュニケーションのプロ)ではないから。物事を、殊更「公」を好き嫌いで判断することは極めて危険なのだがね。採用という企業の根幹を担う過程を素人が担当するのは如何なものか。それとも、そんな程度で良いのかな??じゃあ、「人事のプロ」の存在意義とは??

seawind "He loves you"を練習。このコード進行に着いていけない。覚えられない。相対音感が完全ではないので、B♭が入って転調したとたん着いていけなくなってしまう。
5年前に松山で購入したインコグニートも適当に弾く。コード進行やリフレインが分かりやすいのでこれは良い。ただ、好き勝手に弾くだけなのでフレーズを覚えない。コピーも必要だな。小松秀行を10倍リズム感を無くして10倍イナタイ感じになってしまう。恥ずかしい。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-19 22:40 | 日々雑感

村社会の日本人??

今日は一日松山で中途入社社員の集合教育でのコメンテーター役を頼まれ嫌々してきた。そもそも転職を考えている人間にとって、希望を持って入社してきた新入社員に対して能書きを垂れるのは気が引ける。
15人がプレゼン10分質疑応答とコメント10分で薬の説明会を実施するというもの。まぁ、内容を見ると地頭の良さ悪さ、知識を入れたか否かがきちんと分かり興味深かったのだが、不思議なのは、コメントである。
私から見ると、まず良いことを褒める前に直した方が良い点、知っておいた方が良い点、気づいた点を指摘するのに手一杯だったのだが、研修生からのコメントは、当たり障りのない「褒め言葉」で終わり。「へ???」意味・意義・意図が分からなかった。「褒められた→嬉しい」、「褒める→喜ぶはず」の幼稚的な思考回路から脱却出来ていない人ばかり。「優しいソフトな話し方で理解しやすかったです」みたいな。成長が10年止まっている。そのコメントは、役に立つか?必要か?クダラナイ相槌以上でも以下でもない。典型的な村社会を見たような気がした。中途採用で入社してシビアに切磋琢磨し競争が必要なのに、遠慮しているのか、余り聞いていないから指摘できないのか…。どちらにしても不真面目極まりないと思ってしまった。
直すべき点を指摘するのは、「毒」みたいなイメージがあるようだ。直すべき点が無い人に何かを指摘するのは意地悪なのだろうがね。私は、気づいたことをバシバシ言ったし、分からないものは分からんと言ったのだが、引き気味でしたよ、会場は。他人を大事に思う気持ちを発現する術について考えたことすらないと思われる。あはははーーー仲良くて結構結構。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-18 21:46 | 日々雑感

小松秀行

古内のアルバム、魔法の手を練習した。
綺麗にゴーストノートを出せるようになりたいな。

フォーサイト10月号で未読の記事を慌てて読んだ。読まなければいけない本が多すぎて…ついたまってしまった。新聞も目を通すのに時間がかかる。時間が足りないなー。

それにしても千葉市立中央図書館は素晴らしい。税金を払った甲斐があるというもんだ。会社の偉いさんが使うみたいな部屋をただで利用できる。本はいっぱいあるし、気が散る要素が無いし、静かだし。ピーピー五月蝿い糞餓鬼も居ないし。なんかの作業をするにはうってつけ。存分利用して元を取らねば。

明日は面接。8対1。偉いさんがたくさん出てくるとのこと。しんどいなー。その足で出張。新入社員の研修でのコメンテーターだとさ。さすがに如何なものか、と思ってしまう。「どの口が言うてるんやー」みたいな。あーやだなー早くスッキリしたいものです。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-16 22:28 | 音楽

牛角

千葉の牛角では、全国の店舗で日本一になるため、グロスを伸ばす必要があり、一部品半額セールをしていた(生中も!!)。店長は恐らく、そういうコミットをして達成の暁には見返りがあるのでしょう。ラーメンのチェーン店でもそういうのがあるとEzTVで見たなーー焼肉屋の売上を一時的に上げるにはどうすればいいのだろう。顧客にメールを出すこと以外に果たして何が出来るのか。ディスカウントしかないのかな?難しい。
N君と行ったのだが、ドゥルーズなるフランスの哲学者や刑法における無為についてなど色々教わった。ドゥルーズについては図書館で借りてきたのだが、能力の優位劣位の存在とは?そもそも人間の個性(違い)とは?など分かればいいなーT君に専門家としての話を色々聞いて見たいものです。
例えば3年後にN君とT君とで再会したときに、自分が何をバックボーンとして持っているか。焦りますね。せめてマネジメントの基礎的な知識を披露できるようになりたいものです。

山下達郎の群青の炎ライブ版とpoppin' timeのラブスペイスを聞いた。
その前に古内のベスト版。うそつきのベースのゴーストノートが肝だなーー
寝ます。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-16 02:23 | 日々雑感

作ってみた

ブログなる物を始めてみた。
日記になれば良い、とただそれだけ。

今日は、二つのことを勉強した、というか、二つのことが足りないことを学んだ。
ハローワーク的なところに出かけて得たものである。

・人とのコミュニケーションを円滑にする術
・断片的に浮かんだ考えを一つのセオリーに当てはめてストーリーにする術

コミュニケーションの術を知るには心理学の触りを知る必要があり、ストーリーにする術を得るためにはロジカルシンキングの基礎が必要となるのであろう。マッキンゼーのテクニックなるものが世には存在し、私より年下の人間がそれを駆使してコンサルテーションをしている。意識の違いが生み出す能力差は悲劇的であるなーーN君の決め台詞「人間は全て自分が潜在的に志向しているようになる」非常に怖い言葉です。本を読まなきゃね。
[PR]
# by SONZUKA | 2004-10-15 01:23 | 日々雑感