「糸巻き」に汚染された人間が浄化されていく様


by SONZUKA
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
朝生を見た。

この国の現状から言って些細と思える内容ばかり議題に上がっていたようだ。政治屋もマスコミも解決すべきタスクの優先順序をあえて無視しているようにすら思える。国民がとりあえず飛びつく甘いエサをぶら下げるのみ。

郵政解散。
国会が法案を廃案にし、内閣は重要法案の廃案という事態に直面して、民意を問いたいと思う。その結果として、新しい国会が、新しい内閣を選び、示された民意による政治を行う。すごく、当たり前のことだと思うけど。というか、いままでの、政策抜きの党利党略解散よりずっと筋が通っていると思うのだが、理解しない人も多くいる様子。

首相は「法案を否決した国会か、あるいは首相自身か、どちらが国民の民意なのか」を問いたい、ただそれだけでは無いのか。

また、「刺客」という幼稚な単語がキーワードになっている。「造反議員を公認しないのは強権的」、「ヒットラーの様だ」、「非民主的だ」と稚拙な論理で批判している守旧派。しかし、首相が国民に問いたいのは「郵政民営化を含む構造改革路線の是非」であり、法案に反対した人を公認したのでは、国民は選挙を通じて意見を反映させることが出来なくなる。彼らは「反対派に賛成派をぶつけるのはあまりにも冷酷非道だ」と言っているが、民意を問うという意味から極めて真っ当ではないだろうか。

最優先のタスクとは。朝生では、金子勝教授しか触れていなかったが国の赤字の問題であろう。猶予時間は殆ど残されていないはず。なのに、税金については全ての党が触れず仕舞。先送りである。税収が40兆弱、支出が80兆、公務員を養うのに使う金が40兆(国・地方合わせて税収は80兆円、支出が150兆円であるようだ…orz)。破綻状態である。こんな状況でも国民の代表たる国会議員は郵政を政争の種に使うのだ。

国民の多くが民営化に賛成し、民営化をうたい続けた人間を首相に置き、それを公約にして選挙で選ばれながら、その法案に対して堂々と「No.」という。国民に対する「明確な嘘」である。

また国民もそれをいとも簡単に赦してしまう。かつてソ連を理想だと言い(結果、スターリンの大虐殺)、中国の文革を礼賛し(結果3000万人の大虐殺)、ポルポト派カンボジアの礼賛し(結果、カンボジア国民の半数の虐殺)、北朝鮮礼賛し(結果9/17でコペテン)…枚挙にいとまがない嘘をつきまくっていた新聞を読み続け(読む、というか、買い続け、と言った方が良いのかな)、汚い金を貰っていた政治屋をあっさり赦し、それらを「水に流して」いつの間にか忘れてしまう。「公」に対する我々の意志とは一体なんなんだろうかね。

また、選挙になるといつも思うことだが、歪な選挙制度も正常な民主主義のあるべき姿をゆがめているのかも知れない。現行の選挙制度では民意を正確に反映できない。地方と都市の一票格差歪な二院制小選挙区比例代表…etcetc。特に今回は参議院のあり方を次回の憲法改定で盛り込む必要性を浮き彫りにしたが、どうやら見送られるようだ。マスコミでも大した議論すらされない。

あらゆるツケが澱となってこの国のニッチもサッチも行かない状態にしている。国の赤字憲法防衛教育少子化etcetc。もう限界は近いのだが、衆議院解散の翌日東西線社内で朝刊を読む人の数は変わらない。私に出来ることは、投票に行くことと、北海道茨城大阪で有権者が「水に流さない」選択をするだけの知性を持ち合わせていることをただただ祈ること、のみである。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-08-27 17:16 | 日々雑感
ルーサー・ヴァンドロスが死んだとのこと。
彼の「愛はパワー」なる恥ずかしいタイトルのCDは、まだ中学生の頃、なんばCITYの地下のレコード屋で購入した。

b0045164_064453.jpgあと、定番だが「Never too much」には大変驚かされた。Marcus MillerとYogi Hortonの強力なリズム隊には痺れたものだ。このころのマーカスは本当にかっこよかった。強力なスラップがメロディの様に焼き付く。LutherのボーカルよりもMarcusのスラップの方が有名なのだ。また、Yogiの独特のグルーヴ。何故あんなに音数が少ないのに!マーカスがベケベケ主張しているので、余計な音は出さない彼との組み合わせは当にぴったりであった。また、Lutherといえば、Buddy Williamsも忘れてはいけない。David Sanbornのライブ盤でマーカスとリズム隊を組むBuddy Williamsのドラムがとても好きで、Blue Noteに見に行ったのだが、全く同じ音だった。一発でBuddyだと分かる当にOne&Onlyなドラマー。直に来日されますね。

というわけで、Luther自体に深い思い入れはない(?)のだが、卓越した歌唱力とシルキーなボーカルはやはりOne&Onlyだった。難しい楽曲をサラリと歌い上げてしまうので、コアなR&Bファンからは軽い、などと批評されることもあったようだが。ライブでも抜群の安定感。とにかく激巧なのだ。作曲からプロデュースまでこなし、もともとスタジオミュージシャンでもあったので、デュエットでも重宝された。本物がまた一つ失われた訳で、あまりにも若すぎる死はとても残念。大きな損失である。冥福を祈りたい。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-07-03 00:06 | 音楽
Rufus & Chaka Khan「Stompin' at the Savoy」

購入したのは、大学二年頃であろうか。ロイク系の(黒っぽいという古い造語です)音楽に惹かれ始めた私が渋谷のタワーレコードで購入した。二枚組のライブ版+一部スタジオ録音というありふれた(?)構成のアルバムである。当時の私のレコード眼は中々素晴らしく、本当に良いものを購入していた。どこでしったのか、こんなマニアなアルバム。ネットもなかったのにね。色気も素っ気もない酷いジャケット…。売る気無いのかね…。
b0045164_2041119.jpg

メンバーは以下の通り。
Drums:John Robinson(バークリー卒業直後だったとのこと)
Bass:Bobby Watson(日本に住んでいたとか)
Guitar:Tony Maiden,David Williams(お馴染みですね)
そして、Horn Section
Trumpet:Jerry Hey(Seawind)
Sax:Ernie Watts,Larry Williams,Gary Herbig

なんと豪華な。
もちろんボーカルはChaka Khanである。いまは場末のクラブにも居ないブタおばさんになってしまったが。

恐らく、Rufusをコピーする人は、オリジナルよりこちらを参考にするのでは、と思うぐらいに素晴らしい演奏である。オリジナルの端正さは言わずもがな、ライブの荒々しさ、勢い、若さ!John "JR" Robinson先生もいつもより激しいのだ。

本当によい物は時代を感じさせない。音楽において時代が影響するのはテクノロジーのみである(本来は歌詞なども含まれるが最近では無視できるくらい意味のない物となっている)。ライブ録音でテクノロジーが影響するのは録音の音質や使用機材くらいなので、まぁ殆どマニアには関係ない。スタジオ録音では、逆にテクノロジーが未発達であった昔の方が楽しく聞ける。たとえば、昔のアイドル歌手(石野真子でも河合奈保子でも良い)の楽曲は如何に楽しいか。演奏家や作家が注入していた「魂の量」が全く違い、今聞いても実に新鮮である。

閑話休題。Rufusについて。
今回はあえてこのスタジオ録音の方に触れてみたい。普通、ライブ版にくっついているスタジオ録音というのは、あくまでも「オマケ」である。このアルバムのそれも同様の評価をしている人がいるようであるが、私は違う。切なくなるほどこれらの楽曲が好きだ。

リコメンドするポイントはいくつもあるが、今回はたった一つだけ触れたい。2枚目のスタジオ録音一曲目、「Ain't Nobody」である。まぁ聴けば聴くほどため息が出る。非常に難しいリズム。16ビートの9拍目を抜いたリズムパターン。ボーカルもガチガチに16が頭に鳴っていないと決して歌えない非常に難しいもの。日本人がこれを演ると「チャレンジしてます、難しいですねん」的な嫌みったらしいものになるが、本場の方々はやはり違う。あくまでもグルーヴィーにダンサブルに。マイナー調のメロディにこのパターン。腰が疼くし頭はチカチカ。この素晴らしいドラミングについては御大・John "JR" Robinson先生もお気に入りなのか、御大のホームページでも試聴できるのだ

このような芸術品をもっともっと知りたいと思う今日この頃なのであった…。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-06-19 20:04 | 音楽
前の続き。すっかりとっちらかってしまった。校正して書かなければならないのだが…。

要するに、、、
「決まりを守る」ことの重要性である。
憲法というボヤっとした大きなものでも、タバコのポイ捨てをしない、ゴミ出しのルールを守るという小さなものでもつながっていると思うのだ。「してはいけないことをしない」という、当たり前を、我々国民の代表である国会議員がいとも簡単に破る。小泉もしっかりとした説明が必要なのに我々を煙をまく。国民もそれに対して怒らない。この雰囲気というか、atmosphereは非常にまずい。

これは同じく今ホットな憲法問題にもつながる。例え憲法を改定してもあっさりと解釈改憲により、本来の精神を破られる可能性が大きい。かといってこのまま(本来の意味での)違憲状態を続けるのは国民に与えるモラルに多大な悪影響が出るので、(憲法という形にはそぐわないのかもしれんが)、解釈改憲というインチキがする余地の無い(理科系的な)厳密な文面で綴るのが望ましい。

靖国参拝は私個人の気持ちとしては実施してもらいたい。が、仮にも違憲という判決が出た以上、これは真摯に受け止めなければならない。これを愚弄する判決後の小泉談話に、何故メディア、国民は違和感を感じ、怒らないのか。こういう小さなこと(これは大きい問題だとは思うが)にいちいち過敏に反応し、世論をそれとなく形成することの積み重ねが国家の暴走を防ぐことが出来ると思うのだ。こういう意味で、今後靖国に「公的」参拝は絶対反対。

現在のマスコミでの議論に違和感を感じてしまうのはこういう訳なのだ。

靖国問題とゴミ出しのルールを守れない人々と、つながっているように思えるのは私だけだろうか…。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-06-18 15:38 | 日々雑感
久しぶりに書いてみよう。

最近、靖国問題がホットのようだ。お隣の国々とそちらを向いている一部の政治家が大騒ぎしているようだ。何と平和なことだろう。毎日、新聞で靖国問題の記事を目にし、ゴミがちらかっている汚い我が街を見るにつけ、私は「決まりを守るという倫理観」と靖国問題を一緒に考えてしまう。

去年の話だが、小泉の靖国参拝は違憲だと福岡地裁は判決を下した。「小泉首相の参拝は職務の執行に当たる」と指摘したもので、色々意見は出ているが、政教分離に抵触するとの判決であるようだ。

国家元首(定義は分かれるだろうが)たる首相が国家のために戦い、戦死した軍人をお参りする行為自体は当たり前だと思うのだが、現状の憲法と靖国神社の成り立ち、公的(と取られても仕様が無い)参拝方法などから考えると、政教分離に抵触する批判も理解できなくはない。しかしながら「政教分離」もその定義が難しい。合衆国憲法における「政教分離」の「教」は「教会」を指し、即ち特定の教会を他の教会と区別することなかれという意味だと読んだことがある。「教」はキリスト教を指すわけではないのだ。大統領が選出された時に聖書に手を置いて神に誓うという行動からもキリスト教は「公共宗教」として大前提の存在であることは伺える。となると、アメリカに草案を作ってもらい日本人がそれを自らの物にした経緯のある現行憲法においての「政教分離」は何を意味するのか。果たして、福岡地裁の判決にあるように靖国公的参拝が「政教分離」の定義に抵触するのか、という疑問は残ってしまう。

また、国立の戦没者追悼施設を作ろうという妥協案で政教分離は解決できないと考える。影もカタチもない既に肉体がこの世にない人を弔うという行為は宗教でないのであろうか。

はたまた、伊勢神宮参拝も訴える人がいれば違憲となるかもしれない。八百万の神を祀る多神教の宗教を公的に支持していることにはならないのか。天皇の存在はどうなんだろうか。天皇は国の象徴(国家元首的存在)であり、その天皇の祖先である(神話的なレベルではあるが)天照大神は伊勢神宮に祀られている。その天皇が行政の実行部隊責任者である首相を任命する。どうなんでしょう。

しかしながら、、、である。
これ以上小泉が「公的に」参拝を継続しようとするならば、それは責められるべきだ。三権の司法が如何な物か、という判決を出したわけで、それを尊重するのがあるべき姿だ。左翼とか、韓国中国とか、イデオロギーや好き嫌い、国益の問題ではなく、「決まりを遵守するか否か」の、それらより上位の問題であろう。三権分立という小学生でも知っていることを容易く侵す人間が衆議院議長であるのもお笑いだがね。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-06-17 23:39 | 日々雑感

Lee Ritenour「And Friends」

音楽の話を少し。

しつこいようだがここのところずうっとLee Ritenourブームが続いている。逃れられない。かなりしつこいブームである。聴いているのも「Color Rit」と「Festival」の2枚。お気に入りなのが何故か「Rit」から1曲だけiPodに入っている「Mr. Briefcase」。ポップスに有り得ないAbraham Laboriel(David Hungateでした…)のスラップ。激しいパターン!!カッコイイ!!ドラムはJeff Porcaroかな??この3連は間違いない!?

今は、「And Friends Live」というDVDを覧ている。
b0045164_2273212.jpg
Harvey Mason、Anthony Jacksonのリズム隊に多彩なゲストを迎えるというもの。録音状態もよろしいし、気のあった仲間たちとの演奏はバッチリ。Harvey Masonは大好きなドラマー。ドラムの何を聴きたいかというと小難しいフィルや複雑なドラムソロなどではない。淡々とグルーヴを聴きたいのである。ただそれだけ。シンプルな8ビートで「あっ、コイツやな!」と分かる主張が出来る色濃いドラマーが好きなのだ。Harvey Masonはその一人。器用なテクニシャンだが、ずーーーっと続く16ビートを聴いていたいのだ。黒っぽい粘りけのある少し後ろ気味のタイムのグルーヴの中で「タカトン」とフィルを入れてくれれば当に「Oops!!」状態になれる。要するにこのDVDでのHarvey Masonはそんな状態なのだ。まぁこのDVDのイメージが強すぎて「Color Rit」はHarvey Masonだと信じてしまっていたので私の耳も怪しいものだがね。Carlos Vegaも素敵なのよ。
Anthony Jacksonは好きなベーシストではあるのだが、こういうライブでは豪快なスラップなども聴きたくなるのも正直なところ。
リトナーは相変わらず。巧いです。ただ、歪み系はダメだな。Steve Lukatherがゲストで出てくるのだが、やっぱりルカサーのフィールドで演ると負けちゃう。Jeff Beckの「Cause We’ve Ended As Lovers」を演るのだが(ベタな選曲)ギターバトルでは勝てんでルカサーには。薄い薄い。次の「Aja」というリトナーの曲ではルカサーは大人しくシングルノートカッティングなのだが。やっぱりルカサーは巧いな。

って、あまりリトナーを褒めていないようなリコメンドになったのだが…他にもPhil PerryやBob Jamesなど豪華ゲストが一杯なので買いです!!
[PR]
# by SONZUKA | 2005-04-24 22:05 | 音楽

恥ずかしい我が母校…

あと一つだけ。

智辯学園:韓国謝罪修学旅行に行く

なんとまあ。ここに6年通ったが何の意識もしたことはなかった。確かに基地外じみたトコではあったがね。

藤田理事長は「私たちの学校では最近問題になっている扶桑社の教科書を採択しなかった」とし、「これから大切なのはうちの生徒たちが韓国に親近感を持って、正確な事実を知ること」とした。また、「韓国の修学旅行があと4年で35回目を迎える」とし、「過去の日本の植民地統治35年をしょく罪する意味でも、あと4回は必ず韓国に来るだろう」と話した。

ふははーーい。恥ずかし(。-_-。)
正確な事実って、何を指すんだろ…( ´-`)
[PR]
# by SONZUKA | 2005-04-22 00:01 | 日々雑感
最近続いたゴタゴタもようやく落ち着いてきましたのでブログをアップします。

音楽は、相変わらずリトナーブーム。ごめんなさい。ネタはありませんねぇ。

ちょっと面白い記事を見つけたので雑感を少しだけ。文科相がゆとり世代に謝罪

今、当に「ゆとり世代」にあり「ゆとり」を謳歌している方々にとって恐らく競争といえば「同じ年に生まれた同い年の人間と争うこと」を指すのだろう。しかし、学校を卒業し自分で飯を食うためにお金を稼ぐ(肉食動物で言うと「捕食活動」に該当する極めて動物として原点にある行為)こととなると、その相手は世代を跨ぐ。少し前の終身雇用・年功序列が当たり前の時代なら争いの殆どは同世代間であったろうが、今は違う。
国は義務教育という国民に等しく与えなければならない「捕食活動のイロハ」に著しい濃淡をつけてしまったことに関して被害者に謝罪をした、と私はこのニュースを捉えた。「被害者」(彼らはまだ被害を受けたことにすら気づかないのだろうが)に同情する。競争が世代間を超えたボーダレスなものになると、割を食うのは薄っぺらな教育しか授かれず、他の世代より競争力に欠けてしまった人間になるだろう。
私がもし政治家なら、人口の1/10以上になるであろう国民の知的レベルが政策により下がってしまったことに大きな不安と反省と危機感を感じる。
しかし、私は競争まっただ中にいる。天寿を全うすることを前提に考え、かつ国家が面倒を見てくれなくなることを想定すると何年分の生活費を稼ぐ必要があるのだろう。「捕食活動」が出来なくなるリスクをヘッジし、かつ余所様より良い生活を送るためには幾ら余分に掛かるのだろう。「餌」がボロボロ目前に落ちている時代はとうに終わり、力業で他人から餌を分捕らなければ生きていけない、そういう時代に生きている。「ゆとり」は頭か体が動かなくなってから過去の「捕食活動」の余剰を貯めておいたものを啄むときになってからで良いか、と思ったのだ。

追伸 でも、外相といい文科相といい経産相といい、昔と比べると随分マシな政治家が大臣に就くようになったと思うのは小生だけか。小泉がポピュリストだと言う論調が前にあったが、振り返ると他の総理大臣よりブレていないと思うのも小生だけか。彼の頑なさが良いか悪いかは別にして、少なくともポピュリストではないのでは?

追伸の追伸 自民党参院の憲法調査会(的なもの)で改憲論議がなされてそのたたき台が出たと新聞にあった。以前小生が「浅学人間の戯れ言」なる記事で女性天皇についての雑感を書いたが、その時感じていた危機が現実のものとなりそうなのが気になるところである。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-04-21 23:31 | 日々雑感

日々雑感

最近はめっきりリトナーブーム。
しかも、アコースティックなリトナーにハマっている。
私は一度ハマると中々抜け出せない性質で、リトナーの前はSeawind、その前はFinis Henderson…それこそサルの○ナ○ーのようにそればかりを聴くのだ。

最近2週間は私にとって激動であった。それで、ブログのアップをサボってしまったのだ。


小話を二つほど。

ひとーつ。
葉桜の綺麗な季節になってきました。
私は何故か昔から咲き誇る桜よりも、桜の花びらが散り新芽が出てきた時の桜が好きなのだ。
ただ、葉桜も真夏の深緑は良くない。あくまでも新芽の黄緑色の葉が美しい。美しい時期はごく短い。瑞々しい新緑は日本人にとってのスタートの季節の象徴。爽やかな時候。花粉が無ければね…。

ふたーつ。
中国の反日ブーム。デモをするのに届出が要る国家での出来事。あれだけの規模で行われているのに日本人の怪我は殆ど聞かない。留学生二人が殴られた程度。「実に統制が取れているなぁ、共産党の力も健在か??」などと邪推を働かせている今日この頃、小泉首相の秀逸なこの発言。「暴徒化せず整然と」。最近の首相の発言の中ではピカイチのキレの良さ!!意図している??ただ、私の邪推もあながち的はずれではないようだ。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-04-17 12:10 | 音楽と日々雑感

日曜日の会社

(はずかしながら!?)倉木麻衣の新曲「ダンシング」という曲は少しビビっと来た今日この頃。
作家とミュージシャンの意図しているところはよく分かる。残念なのが彼女の薄っぺらいボーカルとコンピューターのようなリズム隊。楽曲を盛り上げる意志がまるで感じられない。ずーーーっと同じ演奏を繰り返している。主張できないプロデュースなのか。残念。でもちょっとカッコイイなんて感じるのである。

閑話休題。日曜出勤した。

平日はヒッキリ無く掛かってくる電話の対応でじっくり腰を据えて仕事をするのは20時を回ってからになる。
必然的に仕事が徐々に溜まりいよいよ平日では裁ききれなくなってきたため、日曜出社となったわけである。

日曜はさすがに電話も掛かってこないし周りにほとんど人もいない。
単純な「作業」をテキパキこなすには、私には「音楽」を触媒とするのが必要である。
iPodで好きな音楽を掛けながらノリノリで仕事をすると私には実に集中できる。大学時代からこのことは知っていたが再確認した。
b0045164_0232116.jpg
聴いていたCDは、ここのところずっとヘビロのLee Ritenour「Color Rit」。やはり佳曲が多い。ほどよくブラジリアンなテイストの中、Phil Perryのホットなボーカル、Ernie Wattsのホットなブロウ(アーニー・ワッツだよね、サックスは??)。GibsonのChet AtkinsモデルのエレアコとES335、恐らくEMGあたりのピックアップを搭載したストラトサウンドを聴かせるリトナーなど、当にカラフルなアルバム。腰をウズウズさせながら仕事をした。日曜日の会社は最高である。


ガキの使いをみるのを諦め帰宅したら、プロ野球のおかげで放送時間が延びていた。あーよかった。初めてファッキン・プロ野球に感謝しました。
本当は日々思う出来事について蘊蓄を書こうと思っていたのだが、アルコールのせいで(日曜から飲みに行くなよ・・・)断念。明日以降にしますわ。今考え悩んでいることは今朝見たサンプロで石原都知事が述べていたこと。政治家と有権者と官僚と国家主権について。基地外に刃物について。これについては重すぎるのでまた後日…。
[PR]
# by SONZUKA | 2005-04-04 00:19 | 音楽と日々雑感